館ヶ森アーク牧場

新着情報・イベント

Foreign languages:

2019.07.03お客様から御意見頂きました

日頃より、館ヶ森アーク牧場をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
本日の牧場は、2万株のラベンダーが開花し、有機小麦も収穫時期になっております。

この度、匿名のお客様から下記のような葉書を頂きました。

―――――――――――――――――
先月の岩手日報の記事で
貴社のハーブフェスタで
子豚レースを行ったと書いてあり
愕然としました
ただでさえ大きくなったら食用肉として
命を奪われるのに小さい頃しかも
何のわけもわからないまま面白
おかしく見せ物にするとは
あまりに酷いです
2度と購入しません。
アイヌやエスキモーの方の精神を
見習って頂きたいと思います
―――――――――――――――――
(原文のまま)

率直なご意見を頂きまして、誠にありがとうございます。
同様にお考えになる方も、少なからずいらっしゃると思いますので、
私どもの考え方を、この場をお借りしてお伝えしたく存じます。

私どもは生き物を飼育・栽培して生業としております。
日々、命に向き合いながら、丹精込めて生産しておりますので、
命を軽んじたり、蔑ろにしたりすることなどは決してございません。
一方で、誤解を招いてしまったことは深くお詫び申し上げます。
大変申し訳ございませんでした。

私どもが「とんとんダービー」と称して、
子豚のレースを、イベントとして行っている理由を説明させていただきます。
近年では、生産と消費が極端に分離してしまい、一昔前のように、
ご家庭で牛や豚や鶏などを飼育している方は、ほとんどいなくなりました。
かつては庭先で家畜を飼い、それを家庭で食すことが一般的な時代がありましたが、
今では動物に触れることは勿論のこと、見る機会さえ少ない時代です。
館ヶ森アーク牧場にお越しになるお客様の多くが、
動物とのふれあいや観賞を目的にお越しになりますのも、
食育であったり、命の大事さを感じる、ということも含まれていると思います。

「とんとんダービー」は長年行っている人気のイベントですが、
単に人気だから行っているだけではありません。
多くのお客様から、このイベントを通して、
お喜びの声や、感謝のお言葉、励ましのメッセージなども頂いておりまして、
このイベントを通して多少なりとも、私たちが掲げております、
理念・ミッションに共感いただいていると考えているからでございます。
もちろん、その際は普段から担当している飼育員を配置し、
豚たちに不必要にストレスを与えないよう配慮をして開催しております。

ただ、ご不快に思われる方もいらっしゃいますので、
今後は、イベント運営の仕方も見直しながら、進めて参る所存です。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。


                      代表取締役 橋本晋栄