館ヶ森アーク牧場

新着情報・イベント

2019.02.09黄身の色で栄養価が変わるの?よくあるご質問にお答え!

こんにちは。

農牧部の伊藤です。
皆さんは卵の黄身の色と栄養価や味の関係って知っていますか?
なんとなく濃い色をしている卵の方が、栄養価が高く美味しそうに見えます。
でも、実は黄身の色が濃いからといって、栄養価が変わるわけではないと言われています。

黄身の色は、鶏が食べた餌の色見で決まります。
そのため、例えば餌に赤い食べ物を食べさせ続ければ赤っぽい色の卵を産ませることもできるようです。
なので、黄身の色と栄養価はほとんど関係ないのですが、食べたものが直接的に卵に移行しやすい鶏には、品質をよく選んだ餌を食べさせなければなりません。

自然の黄身の色は薄い黄色ですが、一般的に日本では濃い目のオレンジ色の黄身の卵が好まれているため、館ヶ森アーク牧場の鶏たちにも、餌に野菜の赤いパプリカ由来の物を入れて、卵の黄身の色を濃い目にするようにしています。お料理も引き立ちます。



飼い方だけでなく、餌やいろんなことにもこだわっているコクのある美味しさの昔たまごを、是非お買い上げいただきお試しください!

                                    農牧部 伊藤 宏樹