館ヶ森アーク牧場

館ヶ森アーク牧場について

会社概要

会社名株式会社 アーク
本社岩手県一関市藤沢町黄海字上中山89
代表者取締役会長 橋本志津
代表取締役 橋本晋栄
事業内容農畜産物の生産、加工、販売およびサービス
生産物館ヶ森高原豚(豚肉)、無添加ハム・ソーセージ、無添加デリカ、昔たまご(放し飼い有精卵)、
無農薬有機小麦、無農薬有機野菜、ハーブ、鹿肉(現在休止中)、菓子類、その他
事業所館ヶ森アーク牧場
所在地岩手県一関市藤沢町黄海字衣井沢山9-15
施設ハーブガーデン、ハーブ館(レストラン、ショップ)、ファームマーケット、BBQテラス、放牧場(鹿、羊、ポニー他)、
バーベキューハウス、たまご館、アイスクリーム館、ハーブショップ
グループ会社手づくり(有)館ヶ森ハム工房
(株)若葉
関連会社埼玉県熊谷市 レストランとんふみ、ふぁーまーずはうすアーク
埼玉県深谷市 たくとみ
沿革
昭和47年(有)橋本ファーム創業(埼玉県深谷市)
昭和50年(有)橋本ファーム岩手牧場 開設
昭和59年アメリカより原種豚バブコック・スワイン種を導入
(有)橋本バブコックスワイン農場 開設
昭和61年手づくり(有)館ヶ森ハム工房 設立
平成元年(有)アーク 設立
館ヶ森アーク牧場の建設開始
スコットランドより赤鹿60頭輸入
昔たまご採卵、販売開始
平成3年 (有)アーク養豚場 開設
館ヶ森高原豚の販売開始
平成4年6月13日 館ヶ森アーク牧場オープン
平成5年ペンショングリューンボーデン館ヶ森 オープン
平成6年ファームランドバーベキューハウス オープン
平成8年たまご館、アイスクリーム館 オープン
平成10年10月10日 館ヶ森アーク牧場一関店 オープン
平成11年9月1日 館ヶ森アーク牧場ネットショップ オープン
平成14年バイオガスプラント 稼動開始
平成16年(有)橋本ファーム第3農場 開設
平成17年(有)若葉 設立(リサイクル事業。有機堆肥・有機肥料の製造販売)
平成19年アスパラ農場 開設
平成21年株式会社アーク 設立・・・(有)橋本ファーム、(有)橋本バブコックスワイン、(有)アークが合併し、新たなスタートを切る
平成23年5月10日 手づくり(有)館ヶ森ハム工房 館ヶ森アーク牧場内へ新たに開設
平成25年花泉農場を繁殖農場として、新たに開設
平成26年坂の上農場 開設
平成27年BBQテラス オープン
平成28年(有)若葉 (株)若葉に社名変更

2017.11.01!!JGAP認証 取得しました!!日本で2社(2017.11.1現在)

このたび、株式会社アーク(館ヶ森高原アーク牧場)はJGAP認証を取得致しました。

全国約5,000戸の養豚農家の中で東北企業としては初、全国でも2社目のJGAP認証を取得
しました(2017年11月1日現在)。同農場では2013年4月25日に農場HACCP の認証を取得
しており、この2つの認証を得た企業は国内では2社のみとなります。

これまではJGAP認証の対象品目は農産物(青果物、穀物、茶)のみでありましたが、
2017年より国も東京五輪に向けた取組みの一貫として「家畜・畜産物」も
新たな認証品目の対象にする方向性となり、2017年8月よりその公募が始まりました。
当社もその動向に合わせる形で、農場HACCPで培った高い衛生管理システム基盤を元に、
この「家畜・畜産物」においてJGAP認証を取得しました。

JGAP認証書

~JGAPとは~
Japan Good Agricultural Practice(日本の良い農業のやり方)
食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証であり、農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法の一つで、第三者機関の審査によりJGAPが正しく導入されていることが確認された農場のみ、JGAP認証が与えられます。当社がすでに取得している、農場HACCPとJGAPとの大きな違いとして、
JGAPには「食の安全」の要素に加え「環境保全(動物福祉)」「労働安全」の要素が
付加されていること等です。

これからも館ヶ森アーク牧場は、「食はいのち」の理念のもと、
認証農場としての誇りと自覚を持ち、よりお客様に喜んでいただける生産品をお届けできるよう、
おいしさ と 食の安心・安全の追及に益々努力していきます。

                  株式会社 アーク 【館ヶ森アーク牧場】

ページのトップに戻る